マウスピースができるまで

あなたの専用のマウスピース型カスタムメイド矯正歯科装置ができるまで


当院では補助的装置を含めたご料金となっております。

マウスピース型カスタムメイド矯正歯科装置は、ワイヤーで歯を動かしていた従来型の矯正とは違いまったく治療法が異なります。
治療計画に基づき少しずつ形を変化させたマウスピース(アライナー)で歯を移動させます。
マウスピース型カスタムメイド矯正歯科装置を作製するために「クリンチェック」という米国独自で開発した治療シミュレーションソフトを使用します。最初の型取りをもとにデジタル化された歯列を再現し、それをもとにすべてのアライナーが自動的に製造されます。

step1. 歯列、咬み合わせの型取り

step2. 治療計画を作成

step3.3Dの歯列作成・シュミレーション

送付した印象(歯型)から光造形技術を利用してデジタル3Dの歯列を作製します。
それをもとに、矯正専門歯科医などで構成される専門チームにより、治療シミュレーション(クリンチェック)が作成されます。
治療計画フォームをもとに患者様の理想的なアーチ、最終的な咬み合わせ、歯の動きをなど、コンピュータ画面上にて、患者の現在の歯の状態、治療終了後の状態、移動の途中経過について、すべてのステージをあらゆる角度からプログラムします。
最終的に予測実現性が高い治療シミュレーションできあがると患者様同意のもとでアライナーの作製に入ります。

クリンチェックを用いて担当の矯正医が歯の動きをチェックし、予測実現性の低い動きがあれば指示を出し修正します。歯の動かし方、アタッチメントのデザイン、IPR、など、ドクターのマウスピース矯正治療経験が治療結果に大きく左右します。

お口の中に装着 治療スタート

歯科医師は1.5か月~3か月ごとにモニタリングを行い、シミュレーションと同じように歯が動いているかチェックをします。予想したとおりの動きが認められない場合は補助矯正をはじめとする様々な装置が必要になります。

インビザラインの治療の流れはこちら

〒503-0015
岐阜県大垣市林町10-1309-1

詳しくはこちら
  • RSS配信
  • RSSヘルプ